めんどうな廃車手続きなしで、車を処分する方法とは!?

めんどうな車の処分!どうしますか?

 

車にも寿命があります。

 

もういいかげんに燃費も悪くなり、充分乗り尽くしてしまったような車。
または、事故や水没などで動かなくなってしまったような車。

 

さらには所有者が亡くなってしまったりして不要になってしまった車。
色々なケースがあるでしょうが、乗る予定の無くなった車をどうしたらよいでしょう?

 

やはり、廃車にしてしまうのが一般的だと思います。
そこで問題になってくるのが廃車の手続きです。
意外とややこしい手続きが多く、なおかつ時間もかかります。
手っ取り早く処分してしまう方法はないものでしょうか?

 

全ておまかせ出来る業者があります!
そこで是非利用したいのが廃車も手がける業者の存在です。

 

ここで注意したいのが、廃車だけを請け負っている業者に頼んでしまわないことです。

 

現在中古車の需要が高まっていることはご存知ですか?
廃車にするしかないと思うような車であっても、実は価値が付くことも多くあるのです。
もちろんまだ動く・走れるような車であれば、買取額が付くこともありますし、もう動かないような車であっても、部品などの価値を認めてもらえることもあるのです。
その結果、費用を出して廃車にするしかないと思っていた車が、面倒な続きも一切なく、いくらかのお金に変わることだってあるのです。

 

廃車を決める前に、中古車の買取に強い業者に見積りしてもらうことをおすすめします。
驚くほど簡単に車の処分が出来ますし、思いがけない収入につながることもありますよ。
もちろん廃車にする場合でも、業者があなたに変わって手続きを行なってくれます。
廃車手続きだけでなく、税金の還付手続きなどまで代行してくれることもあります。

 

どうやって業者を選ぶ?

そこで大事なのが依頼する業者選びです。
どこの業者でも廃車寸前の車に価値を付けてくれる訳ではありません。
業者によって得意分野というものがあるのです。

 

こんな時に便利なのがインターネットの一括見積りサイトでしょう。
自分の車の情報を入力すると、一度に複数の業者からの見積りを受け取ることが出来ます。
あなたは一番条件の良い業者を選べばよいのです。
もちろんこういったサイトは無料で利用出来ますので、思ったような見積りが出なければ自分で廃車にすることも可能です。
試しにちょっとやってみる価値はあると思いますよ。
中古車としての価値は付かなくても、廃車の手続きだけを無料でやってくれる業者が見付かる場合もあります。
特に部品のリサイクルが得意な業者などは、どんな車でも引き取ってくれる場合が多いです。

 

自分一人で面倒な手続きをするよりも、費用をかけずに業者にやってもらう方が簡単ですよね!

廃車にも種類があるの?

車を処分する方法として”廃車”がありますが、廃車というと単にその車を使えなくするものというイメージがありますよね。
しかし、廃車には手続きの仕方によって種類があります。

 

廃車には大きく分けて「永久抹消登録」と「一時抹消登録」という種類があります。
それぞれ特徴が違いますので、詳しく説明します。

 

永久抹消登録とは?

永久抹消登録(道路運送車両法15条抹消登録)というのは、もう二度とその車に乗らない場合に行う廃車手続きになります。
永久抹消登録をした車は、その後日本国内の公道を永久に走ることは出来なくなります。

 

永久抹消登録は通常、解体業者などで解体(スクラップにする)してから、陸運局で車籍の登録を抹消することになります。
一般的に”廃車”というと、この永久抹消登録のことを指す場合が多いです。

 

永久抹消登録をする車は、たいていが事故などで動かなくなってしまったような車や、古くなったり損傷が酷く中古車として価値のなくなったものでしょう。
しかし、注意したいのが、最近はこういった車であっても買い取ってくれる業者があることです。
また、買取が出来なくても無料で引き取ってくれる場合も多いです。
こういった業者に引き取ってもらう場合、廃車手続きなどは不要になり、譲渡という形になります。
面倒な手続きをせずに車を処分することが出来るかもしれませんので、ボロボロの車であっても廃車の前に査定を受けてみることをおすすめします。

 

一時抹消登録とは?

一方、一時抹消登録(道路運送車両法16条抹消登録)は、一時的に登録を抹消する廃車手続きになります。
もちろん一時抹消登録を行えば、公道を走ることは出来なくなりますが、再登録することによって再びその車を使うことが出来るようになります。

 

例えば海外出張だとか、入院や怪我などによって長期間車を使わなくなることがありますよね。
けれどそのままにしておけば自動車税が発生してしまいます。
こういった時に一時抹消登録をしておけば、無駄な費用が発生することがありません。
再び車が必要になったら再登録すればよいのです。

 

もし、その後車が不要になった場合には、解体抹消という方法で廃車にすることが出来ます。
解体業者などで自動車を解体してもらい、解体届けを提出します。
この際も安易に解体業者に依頼する前に、買い取って貰えるところを探してみましょう。
車検切れや保険切れの車であっても、買い取ってくれる業者も多いです。
単に廃車にしてしまうよりもお得になることが多いのです。